身体が欲しがる栄養とは

1日に必要な野菜の量は350グラムと言われていますが、毎日食事だけで摂り続けるのは難しいことです。特に独身や仕事が忙しい人は、野菜を自分で調理することは少ないと思います。青汁を飲むことは、野菜不足を補うため手軽に始められる方法の一つです。青汁は美味しくないというイメージを持つ人も多いと思いますが、今販売されている青汁は昔より飲みやすく工夫されています。粉末も溶けやすく、最後にドロドロと溶け残ることもありません。


一度青汁を試してみたものの、味が苦手で続かなかったという人は、是非もう一度試してみてください。違いが分かると思います。青汁の原料は、主にケール、明日葉、大麦若葉が使われています。ケールはヨーロッパ、地中海沿岸が原産地で、現地ではよく料理に使われていますが、日本の市場には出回っていません。緑黄色野菜の中でも栄養成分がバランスよく含まれている野菜です。日本では、ケールは青汁用として栽培されています。どのメーカーも青汁の原料はほど同じですが、産地や栽培方法は様々です。もし大量に農薬が使われていたとしたら、誰も食べたいとは思いません。青汁は価格だけで判断するのではなく、使われている野菜がどのように育てられているか、加工の際に添加物が加えられていないかを調べることが大切です。また、青汁はメーカーによって、栄養価がプラスされているものもあります。自分に必要な栄養が補える青汁を選ぶことをお勧めします。食生活が偏りがちが私たちにとって、栄養価の高い野菜を手軽に補給できる青汁は心強い存在です。