花咲ガニの確実な入手は?

花咲ガニは、日本の中でも北海道の東側にある根室沖という非常に限られた海域でしか水揚げされません。昔はとても多く獲れた為に、粗末に扱われていた時期もありました。しかし、現在では、資源枯渇等の影響により個体数が激減し、水揚量が極端に減っています。名前にはカニと付いていますが、花咲ガニは、タラバガニやアブラガニ等と同じくヤドカリの仲間に分類されます。タラバガニの近縁種ですが、タラバガニよりも一回り小さなカニです。タラバガニと比較して、体にあるトゲが長く、脚が太くて短いのが特徴です。名前の由来は、漁獲地の根室にある地名の花咲に由来するという説が有力です。


その他に、生きた花咲ガニは赤黒く地味な色ですが、茹でると赤くなり花が咲いた様に見える事からという説もあります。又、昆布の多い海域に生息している事からコンブガニの別名も持っています。花咲ガニの味は、タラバガニよりも濃厚な味わいです。極寒の海でしまった身は、プリプリとした食感が楽しめます。非常に希少なカニですので、本州等ではなかなか流通する事が少ない為に、幻のカニとも呼ばれています。花咲ガニを食べたいと思っても、近所のデパートやスーパー等で見つける事は非常に困難です。根室に行けば購入する事が出来ますが、実際に現地にまで行くとなると大変です。その点、かに通販を利用すると比較的楽で確実に花咲ガニを入手する事が出来ます。すべてのかに通販で花咲ガニを扱っている訳ではありませんが、インターネット検索する事で見つける事が可能です。かに通販を利用する事は、花咲ガニを確実に入手する為に便利で効果がある方法です。