どこの青汁がいいの?

青汁には多くの商品があり、様々なメーカーが販売しています。それぞれ価格や成分、味が違うので、自分が続けられる青汁を選ぶことが大切です。まず価格ですが、1杯50円の青汁もあれば200円という青汁もあり、メーカーにより様々です。青汁の原料は、ほとんどのメーカーが栄養価の高いケールと大麦若葉を使用しているため、基本的な成分はほど同じです。


しかし、メーカーによってはビタミン強化のためにレモン汁を入れたり、カルシウム強化のために牛乳を入れている青汁もあります。青汁は青臭くて美味しくないというイメージを持つ人もいると思います。同じ野菜なら、青汁ではなく野菜ジュールでもいいのではないかと考える人もいると思いますが、青汁と野菜ジュースは作る過程も栄養面も異なります。野菜ジュースは皮をむいたり種をとった野菜や果物を使用するのに対し、青汁は野菜に葉も茎もまるごと使用します。どちらが栄養価が高いかというと、もちろんまるごと使用した青汁です。また、野菜ジュースは果物が入っているため、飲みやすい反面カロリーが高めです。栄養面では、野菜ジュースはビタミンAが多く、青汁は食物繊維や葉酸が多く含まれています。野菜ジュースを飲むか、青汁を飲むかは、成分と飲みやすさを比較して判断することが大切です。本当は青汁が飲みたいのだけれど味が苦手という場合には、サプリメントで摂ることもできます。しかし、サプリメントは錠剤やカプセルにするため、添加物が加えられてしまいます。添加物が摂らないにこしたことはありません。味、価格、成分を総合して選ぶことをお勧めします。